サプリとお薬の違い/とても辛い冷え性を治すには?トリカツを使って改善!

サプリとお薬の違い

白い錠剤

近年健康志向が注目されてきて、サプリを利用しているという人も多くなってきたように思います。ですが中には病気してないのにお薬みたいなのを飲むというのはちょっとなーという人もいます。
そもそも、お薬とサプリの違いについて説明できるかと言われたら、う〜ん?となってしまう人も多いかもしれません。

お薬は「薬事法」という法律に基づき、厚生労働省の検査をくぐりぬけたもののことをいい、効果がある反面副作用もあるので、医師の処方箋が必要になります。それに引き換えサプリは長期的に効く栄養を詰めたものという感じになっているので、お薬とはいわず、ゆえにドラッグストアなどで簡単に購入することが出来るようになっています。形が錠剤というような形になっているのでお薬という印象がついてしまっているところもあると思いますが、その必要があるわけでもなく、現在ではガムやウエハースといった、お菓子の形状になったようなものもあるのです。

お薬は早めに効果が現れるのですが、サプリはじっくり時間をかけて効果を出すもの。おかげで副作用もほぼ皆無です。でも長いとこれ本当に効くのかよ〜という心配が出てきてしまうところ。大切なのはサプリの中にある効能をしっかりと見極めておくことです。厳密に期待している部分とは違うものを飲んでしまっていてはいつまでたっても効果は得られませんので注意しましょう。

Top